動物と人間の生活リズムは異なる @ シャムネコの飼い主さん

動物と人間の生活リズムは異なる

今日は自分の話。
私は夜勤もあるという仕事柄、不規則な生活をしており、夜仕事にでなくていけない時もあります。


不規則とはいっても一定の規則でシフトは決まっているので、予定などは立てやすいのですが、動物を飼い始めたばかりのころ、
動物との生活リズムがなかなか合わず苦労しました。




特に、猫は夜行性なのですよ。
なので私が日勤の日に、夜寝ようという時にもなかなか寝てくれず、眠れなくて寝不足になったこともありました。


別に夜起こされて遊ぼうとせがまれるわけではないですか、部屋中をとっとと走り回ってる音が聞こえるのです。


一匹なら静かなのかもしれませんが、一番多い時で3匹いたので、遊び相手がいて退屈しなかったのかもしれません。とにかくうるさい。


といっても私は寝ているのですが、たまにお腹の上に着地したりすると、マジ死にそうになります。



そんなこんなで、寝不足になってしんどい時期が続いたのですが、知り合いに教えてもらった通り、夜になったら必ずゲージの中に入れるようにしたところ、いつの間にか夜はゲージの中に入って寝てくれるようになっていました。


ただ、自分が家にいるときはゲージの中へ猫を誘導できるのですが、自分が夜仕事でいないと、最初のうちはなかなか自分では入ってくれず、やはり夜中走り回っているようでした。


帰ってきたら部屋にオモチャが転がっていたり、物が微妙に動いたり落ちたりしているので、あぁ夜中に遊んでいたのだなとわかるのですよ。


生活リズムが整うまでは、結構時間がかかりましたね。




その点、今いっしょに住んでいるシャムという犬は、よく寝てくれる子なのでとても楽です。


最初のうち、私が夜いないことに気づいて心細くなったのか、朝帰宅する頃まで玄関で座って待っているということが何度かありましたが、そのうち慣れたのか、私が朝帰ってもぐっすり寝てることが当たり前になりました。


動物に限らず人間の子供や赤ちゃんなどもそうだと思うのですが、よく寝てくれる子だと、面倒を見ている側はとても楽です。



朝帰宅したら私は寝てしまうため、しばらくシャムを一人ぼっちにしてしまうのが少し可哀想かなとは思いますが、起きてからなるべく散歩に出るようにし、できるだけコミュニケーションを取るようにしています。


シャムも、私が寝て起きたら(正確には目覚ましが鳴ったら)散歩に連れてもらえるとわかっているので、私が夜勤から帰ってきたら、すぐに目覚しを私のところに持ってくるのですよ。


わかりやすくて可愛いやつです。