犬は腎不全を起こしやすい @ シャムネコの飼い主さん

犬は腎不全を起こしやすい

犬の腎臓病の原因ですが、もともと犬は腎不全を起こしやすい生き物です。

ただ体質には個体差があり、うちの犬は遅かれ早かれ、それ程歳を取らないうちに腎不全を発症していただろうと言われています。

その場合、最初からそれに気付いてできるだけ予防するような対策をとっていれば、それだけ発症を遅らせることができるのですが、
気づいたときには遅かったというわけです。





うちのような犬がいる一方で、丈夫な犬では高齢になるまでその兆候が見られない犬もいます。また、ちょっとしたうっかりや不運で、健康なのに急に腎不全を起こしてしまう場合もあります。

最近多いのが、人間が利用する痛み止めを誤って飲み込んでしまったり、除草剤がついた草を食べてしまったり、虫を駆除するためのホウ酸を誤って飲み込むことにより、腎臓を悪くしてしまうというパターン。



せっかく健康体だったのに、ちょっとしたうっかりで病気を発症してしまったら、飼い主さんは悔やんでも悔やみきれないと思います。

まだ自分のうっかりでそうなってしまったのなら自業自得だと思いますが、散歩時に落ちていた毒物を飲み込み、腎不全などになってしまったとしたら腹が立つどころではないですよね。

実際、知り合いの犬はそれで命を落としています。
家の中で注意することはもちろんですが、散歩時も変なものを口に加えないよう、目を離さないようにしたいものです。